<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

障害保健福祉関係会議資料

■平成24年2月20日実施:主管課長会議資料
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/kaigi_shiryou/
[PR]

by issai-kokkara | 2012-02-21 23:46 | 厚生労働省  

障害者新法:厚労省法案概要、内閣府部会が反発

 厚生労働省は8日、廃止予定の障害者自立支援法に代わり、今国会に提出を予定する新法案の概要を、内閣府の障がい者制度改革推進会議の総合福祉部会に示した。厚労省案は自立支援法の名称変更こそ明記しているものの内容は現行法の一部見直しにとどまり、実態は「自立支援法改正案」と言える。障害を持つ当事者のメンバーが多い同部会では「看板の掛け替えにすぎない」などの反発が相次いだ。所得の低い障害者が福祉サービスを利用した際の軽減措置を現行通り続ける一方、同省案はサービスの「原則無料化」など、昨年8月に総合福祉部会が提言した内容はことごとく見送っている。

 8日の同部会で佐藤久夫部会長(日本社会事業大学教授)は「提言した60項目のうち48項目は触れられてもいない。現行法のマイナーチェンジに過ぎない」と苦言を呈した。他のメンバーも「100%提言を無視された」と不満の声を上げた。

 「遅くとも13年8月までに自立支援法を廃止し新たな福祉法制を実施する」。政府は10年6月、その年の1月に自立支援法の違憲訴訟原告団と結んだ基本合意に基づき、同法廃止を閣議決定した。それが厚労省案には民主党がマニフェストに掲げ、同部会も求めた「廃止」の文言がない。

 同省によると、現行法の完全廃止に踏み切れば、現在約80万件のサービスを受けている障害者約60万人の支給決定をやり直す必要があり、サービス利用を続けられない人が出る可能性がある。また、自民、公明両党の賛成は得られず、成立も見込めない。

 そこで同省は、中身は現行法の一部見直しにとどめつつ、法の理念や名称の変更をもって「廃止」と位置づける苦肉の策で乗り切る構えに転じた。8日の部会で厚労省の津田弥太郎政務官は「根幹の名称改正などでマニフェストに掲げた『廃止』になる」と説明した。

 それでも肝心の名称は未定。厚労省案には「原則無料化」「サービスを受ける際は障害程度区分に基づかず、本人の意向が最大限尊重される仕組みにする」といった、同部会の提言の骨格部分はほとんど反映されていない。

 同省は「段階的・計画的に実施する」と強調するが、年次を定めた見直し規定は一部だけ。全国盲ろう者協会理事の福島智東大教授は「弱者の立場に立って政権を取ったはずだ」と厳しく批判する。【石川隆宣】

毎日新聞 2012年2月8日 20時58分
[PR]

by issai-kokkara | 2012-02-08 23:30 | ニュース記事  

総合福祉法(案)関連

障害者制度改革推進会議総合福祉部会(第19回) 配布資料
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/sougoufukusi/2012/02/0208-1.html

資料2 厚生労働省案
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/sougoufukusi/2012/02/dl/0208-2a01_00.pdf

参考資料1 佐藤委員提出資料

総合福祉部会(第19回)-障がい者制度改革推進会議- 動画配信
http://www.youtube.com/watch?v=5agv-SqkqeY
[PR]

by issai-kokkara | 2012-02-08 21:44 | 厚生労働省  

ニュース記事

<障害者支援>新法案も「原則無料」見送り
毎日新聞 2月7日(火)14時22分配信

障害者自立支援法に代わり政府が今国会に提出を予定している新法の概要が7日、明らかになった。難病患者を障害福祉サービスの給付対象に含めることや、現行の障害程度区分を施行後5年で見直すことなどを盛り込んでいる。一方、サービスの「原則無料」は見送るなど、政府の障がい者制度改革推進会議の部会が昨年8月にまとめた提言の反映は一部にとどまった。

 06年にスタートした障害者自立支援法は、サービス利用料の1割を本人が負担する「応益負担」が批判を受けた。廃止を掲げた民主党の政権になり、政府は10年6月に廃止を閣議決定。当事者らを中心にした部会が骨格提言をまとめ、利用者負担の「原則無料」を打ち出した。しかし政府は10年4月から低所得者を無料とし、昨年10月時点で利用者の86%が負担ゼロとなっていることなどから、新法にさらなる負担軽減は盛り込まず、今後の検討課題とした。

 障害者の範囲は、障害の種類によって支援を受けられない「制度の谷間」をなくすため、新たに難病患者を給付対象に含める。具体的には臨床調査研究分野の130疾患を想定している。

 現行の障害程度区分(6段階)については、提言が本人の意向を反映できるよう求めたのに対し、調査・検証のうえ、新法では施行5年後をめどに見直すとした。

 自立支援法を廃止して全く新しい法律を作った場合、全国約6万のサービス事業者の再指定や自治体の条例の書き換えなどが必要になる。このため、厚生労働省は自立支援法を改正して名称を変更することで、事実上同法を廃止したと見なす方針。

 新法は来年4月1日施行予定。【石川隆宣】
[PR]

by issai-kokkara | 2012-02-07 22:05 | ニュース記事  

第9回全日本小学校ホームページ大賞!!

第9回全日本小学校ホームページ大賞において、
尾道市土堂小学校ホームページがJ-KIDS大賞を受賞。
http://www.onomichi.ed.jp/tsuchido-e/
せんせいコラム

「こッからCOLOR」もこんな素敵なHPをめざしたいと思います。
[PR]

by issai-kokkara | 2012-02-02 22:48 | ニュース記事  

第9回「障害福祉サービス等報酬改定検討チーム」資料

平成24年度障害福祉サービス等報酬改定の概要(案)
                   平成24年1月31日(火)


平成24年度障害福祉サービス等の 報酬改定について(案)

平成24年度障害福祉サービス等報酬改定の概要(案)
[PR]

by issai-kokkara | 2012-02-02 22:28 | 厚生労働省  

奈良のイベント情報!!

しあわせ回廊 なら瑠璃絵
http://www.rurie.jp/index.html

「しあわせ回廊なら瑠璃絵」は、早春のこの時期に夜間特別拝観を実施頂く、
春日大社、東大寺、興福寺という奈良を代表する三社寺を幻想的な光の道でつなぎ
美しい瑠璃絵の世界に皆様を誘(いざな)います。
[PR]

by issai-kokkara | 2012-02-02 06:41 | イベント