<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

奈良県障害福祉課トピックスより

■第1回要約筆記者養成講座の開催について
奈良県ホームページより

要約筆記とは、聴覚障害者(中途失聴者など、第1言語を手話としない人向け)の情報保障手段のひとつで、相手が話していることを要約し、話の受け手に情報を文字として伝えることをいいます。要約筆記奉仕員は中途失聴者と健聴者のコミュニケーションにおいて必要不可欠であり、中途失聴者が社会に参加をする上で重要な役割を果たします。
要約筆記の方法には手書き通訳とパソコン通訳がありますが、本講座ではパソコンコース22回の講義を実施します。

第1回 要約筆記者養成講座
[PR]

by issai-kokkara | 2012-04-25 10:54 | 県市行政  

ならまち情報!!

■奈良町からくりおもちゃ館を開館します。
奈良市ホームページより

奈良市は、ならまちに新規観光施設「奈良町からくりおもちゃ館」を平成24年4月28日(土)(ゴールデンウィークの初日)に開館します。
この施設は、ならまちの活性化と奈良市の観光振興に役立ててほしいと寄贈を受けた、奈良市陰陽町7番地の旧松矢家住宅を活用したもので、からくりおもちゃは元奈良大学教授の鎌田道隆氏より寄贈を受けたものです。
ならまちの町家の空間の中で、昔の子ども達が楽しんだ「からくりおもちゃ」に触れて遊べ、また工房では、体験イベント日に工具を使って「からくりおもちゃ」等を作ることができます。
なお、開館前日の平成24年4月27日(金)午後2時15分から開館記念講演会を実施します。


[施設概要]
  名称   奈良町からくりおもちゃ館
  所在地  奈良市陰陽町7番地
  構造等  木造二階建(母屋)、木造平屋建(体験工房)
  建築年  明治23年(母屋)、平成24年(体験工房)
  延床面積 265.19㎡(156.89㎡(母屋)、108.30㎡(体験工房))
  施設内容 からくりおもちゃの展示と遊びスペース、からくりおもちゃの製作

[開館時間]
  午前9時~午後5時

[休館日]
  毎週水曜日、休日の翌々日、12月29日~1月3日
(休館日は、ならまち界隈を散策される観光客にトイレを提供するため、周辺の公共施設の休館日(毎週月曜日、休日の翌日)とずらしています。)

[入館料]
  無料

[みどころ]
ならまちの町家で、昔の子ども達が楽しんだ「からくりおもちゃ」に触れて遊べ、奥の工房では、体験イベント日に工具を使って「からくりおもちゃ」等を作れます。江戸時代にタイムスリップしてみませんか。

[開館記念講演会]
  日時  平成24年4月27日(金)午後2時15分から
  場所  奈良市陰陽町7番地 奈良町からくりおもちゃ館
  内容  元奈良大学教授 鎌田道隆氏によるからくりおもちゃに関する講演会

[連絡先]
TEL/FAX 0742-26-5656
奈良町からくりおもちゃ館周辺地図
[PR]

by issai-kokkara | 2012-04-25 10:31 | イベント  

ニュース記事!!

■障害者の6割 年収100万円以下

福祉施設で働く障害者の6割近くが、障害年金を含めて、年収が100万円以下にとどまっているという調査結果がまとまりました。
調査した障害者の支援団体は「働く場があっても自立した生活をするのが難しい現状を示している」と話しています。

この調査は、障害者が働く全国の福祉施設で作る団体「きょうされん」が、去年11月から12月にかけて行い、およそ1万人について回答がありました。
それによりますと、障害年金を含めた年間の収入は、「100万円以下」の人が最も多く、56%と6割近くを占めました。
次いで、「100万円から150万円以下」の人が36%、「150万円から200万円以下」の人が7%などとなっていて、「200万円」を超える収入がある人は1%でした。
また、9%の人が生活保護を受けて暮らしていました。
「きょうされん」によりますと、福祉施設での平均の工賃は、1か月1万3000円ほどにとどまっていて、ほとんどの障害者が、親に頼って生活せざるをえないということです。
調査を担当した「きょうされん」の小野浩さんは、「1人暮らしをしている障害者は1割ほどしかいなかった。年金と働く場があっても自立につながっていないのが現状で、就労支援と所得補償をして状況を変えていく必要がある」と話しています。

NHK NEWSweb 4/23より
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120423/k10014633491000.html
[PR]

by issai-kokkara | 2012-04-24 22:12 | ニュース記事  

「市町村・都道府県における障害者虐待の防止と対応」

 「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」が平成23年6月に成立し、平成24年10月1日より施行されます。
 この障害者虐待防止法では、障害者に対する虐待の禁止、障害者虐待の予防及び早期発見その他の障害者虐待の防止等に関する国等の責務、虐待を受けた障害者に対する保護及び自立支援のための措置、養護者に対する支援のための措置などが定められています。
 10月の施行に向け、「市町村・都道府県における障害者虐待の防止と対応」が厚生労働省で作成されましたので、ご活用ください。

「市町村・都道府県における障害者虐待の防止と対応」   631KB  

奈良県障害福祉課HPより
[PR]

by issai-kokkara | 2012-04-19 08:51 | 県市行政