<   2015年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

食品表示法等改正についての研修ご案内

食品関係の品質表示について、コンプライアンスセミナーが開催(主催:奈良県社会就労センター協議会)されます。詳細につきましては、開催のご案内をご覧下さい。
なお、参加申込については平成27年2月27日(金)までに、奈良セルプ事務局(働く広場・高円)宛てにFAXにてお申し込み下さい。

コンプライアンスセミナー開催のご案内

開催要項はコチラから
[PR]

by issai-kokkara | 2015-02-24 08:34 | 研修会  

「250円で500円分」  授産品購入にお得な商品券

授産品の購入後押し、奈良県がお得な「商品券」  障害者の意欲アップ狙い

 奈良県は障害者就労施設で手作りされた焼き菓子や農産物、雑貨などを多くの人に買ってもらい、障害者らの意欲づくりや生活の糧につなげようと「授産品のプレミアム商品券」を5月にも発行する。平成26年度2月補正予算案に事業費として2200万円を計上した。

 商品券は1枚500円相当で、半額の250円で購入できる。利用対象は、県内に約100ある障害者就労施設で作られた手作り商品。6万枚を発行し、年5回県内各地のショッピングセンターで計画されている販売会や、各施設での販売時に使えるようにする。

 手作り商品はパンやクッキー、マスコット、ポストカード、焼き物の皿、イチゴやネギなどの農産物など。各施設ごとにさまざまな種類があり、パティシエなど指導者が利用者と一緒に作業している。

 県庁内でもここ数年は月1回、毎回異なる3つの施設が販売会を実施。県障害福祉課は「値段は安いのに、おいしいし人気。手作りの温かみも感じられる」と太鼓判。利用を呼び掛けている。販売会の予定は、決まり次第告知するとしている。
[PR]

by issai-kokkara | 2015-02-23 16:59 | ニュース記事  

平成27年度障害福祉サービス等報酬改定の概要

 平成27年度障害福祉サービス等報酬改定の概要

■ 平成27年度障害福祉サービス等報酬改定の概要 骨子版

■ 障害福祉サービス費等の報酬算定構造
[PR]

by issai-kokkara | 2015-02-22 23:01 | 厚生労働省  

障害福祉:重度者を受け入れ事業者へ報酬8倍に増額


障害福祉:
重度者を受け入れ事業者へ報酬8倍に増額


毎日新聞 2015年02月12日 20時30分(最終更新 02月12日 20時43分)


 厚生労働省は12日、障害福祉サービスを手がける事業者に支払う報酬について、2015〜17年度の配分方針を決めた。重度障害者が病院ではなく地域で暮らすことを促すため、重度者を受け入れるグループホームへの報酬を「重度者1人につき1日3600円」と8倍に増額。一方で、障害者の就労をサポートする就労移行支援事業では実績のない事業者への報酬を最大50%減額する。処遇改善のため職員の給与を平均で月1万2000円引き上げる。
総額については改定率0%と据え置くことが既に決まり、どのサービスに手厚く分配するか検討していた。

 同省は重度障害者が病院や施設から親族らのいる身近な地域に移り住むためには、地域で介護サービスを提供するグループホームへの加算が必要と判断。夜間支援の報酬額も、2人以下の利用者を世話する場合は「利用者1人につき1日6720円」と、2倍に増やすなど充実させる。

 就労移行支援については、効果の上がらない事業者の撤退を促すため減額を決定。一般就労への移行実績が過去4年間ない事業者は所定額より50%、過去3年間なければ30%、過去2年間なければ15%減額する。

 就労支援事業では障害者と雇用契約を結び就労に必要な訓練を実施する「就労継続支援A型」を巡り、障害者を短時間交代で働かせて人数分の報酬を得ているとの指摘があった。同省はこれを受け、利用者の1日の利用時間が平均で1〜5時間未満の場合は最大で所定額の70%を減額する方針とし、今年10月から施行することを決めた。
【桐野耕一】
[PR]

by issai-kokkara | 2015-02-21 20:56 | ニュース記事  

イベントのお知らせ

a0119793_2232052.jpg


こッからの仲間も2名出演します!!
[PR]

by issai-kokkara | 2015-02-11 22:34 | イベント  

研修会のお知らせ~利用者学習会「はたらく」~

a0119793_22175741.jpg


各 位

きょうされん奈良支部
支部長 麻 まり


きょうされん奈良支部 利用者学習会「はたらく」ご案内


平素は、きょうされん運動へのご理解・協力頂きありがとうございます。

きょうされん奈良支部では、今年度の研修として利用者学習会を開催する運びとなりました。
会員施設の利用者・職員から仕事の取り組みの発表を行い、「働く」ことの醍醐味や、そこからの変化や成長などを語っていただきます。
 
第二部では、「共同作業所のむこうに」の共同執筆者である滋賀支部の堀尾毅氏をお招きし、きょうされんが大切にしている「あたりまえに働き、えらべるくらし」を学び、障害者権利条約で描かれる「働く」について深めたいと思います。
 
きょうされん加盟施設だけでなく、多くの障害のある人、施設職員さん、卒業後の進路を考えている学生さん、家族の皆さん、先生方など幅広いご参加をお待ちしております。

 【日時】 2015年2月28日(土) 14:00~17:00

      13:30 受付
      14:00~15:10 4つの施設から利用者・職員の皆さんによる仕事紹介
      15:30~16:30 講演「あたりまえに働く」とは?
               講師:堀尾 毅 さん(きょうされん滋賀支部)

 【会場】 大和郡山市 市民交流館(JR郡山駅下車すぐ。専用駐車場はありません)
 

《 お問い合わせ先 》

コミュニティワークこッから(杉原) 
〒630-8424 奈良市古市町529-4
℡ 0742-63-6765
メール:nara@kyosaren.or.jp
[PR]

by issai-kokkara | 2015-02-11 22:22 | 研修会