「障害者差別解消推進法案」(仮称)を政府が提示

障害者差別解消法案:法施行「3年後」 
政府が概要提示
   毎日新聞 2013年04月10日 東京朝刊

 障害者差別解消の法制化に関し、政府は9日、自民、公明、民主3党の担当者に法案の概要を提示した。差別解消の法的義務化の対象となる公的機関の分野について教育、公共交通、医療などに加え「刑事手続き」も挙げた。法施行時期については2016年4月とし、施行3年後をめどに見直すとしている。政府は26日に閣議決定し、今国会に提出する方針。

 政府が提示したのは「障害者差別解消推進法案」(仮称)。過重な負担が無い限り、日常生活や社会参加に関する障壁を取り除く配慮を行うよう、国や自治体など行政機関や公立学校に義務付ける。警察・司法をどこまで義務化の対象にするかは議論が分かれており、「刑事手続き」を対象として挙げる一方、取材に対して内閣府の担当者は「刑確定後の刑務所の処遇は対象だが、『行政機関』の範囲から外れる裁判所や国会は対象外」との考えを示した。

 禁止される具体的事項については、施行後に具体例をまとめ、法律に明記することを検討する。新たな紛争解決機関は設置せず、地域ごとに関係機関が連携を図る協議会を設置する。
【野倉恵】

.
[PR]

# by issai-kokkara | 2013-04-11 06:47 | ニュース記事  

2013 食博覧会・大阪

□ 2013年食博覧会のお知らせ 
  期 間  2013年4月26日(金)~5月6日(祝・月)
  会 場  インテックス大阪

  詳細はこちらから
  http://www.shokuhaku.gr.jp/index.html

  うどん打ち教室で世界記録に挑戦
  http://www.gourmet-kineya.co.jp/event/
[PR]

# by issai-kokkara | 2013-03-12 11:47 | イベント  

第3回障害者農業チャレンジ研修会

□第3回障害者農業チャレンジ研修会のご案内 
  奈良県障害福祉課HPより

県内の障害福祉サービス事業所の農業の取組を推進するとともに、農業法人や農家の障害者雇用の理解を深めるため、平成25年3月22日(金)に奈良県桜井総合庁舎3F会議室において「第3回 障害者農業チャレンジ研修会」を実施します。

 詳細は、実施要領をご覧ください。
[PR]

# by issai-kokkara | 2013-03-11 09:49 | 奈良  

奈良県ニュース!!

奈良県社会就労事業振興センターより広報機関紙
ぱーとなーずぷらざ8号が発行されました。
ぱーとなーずぷらざ8号はこちら(PDF)

【お問い合わせ先】
はたらくならネット
<奈良県社会就労事業振興センター>
TEL 0742-93-3244 FAX 0742-93-3245
ケイタイ 090-3715-7673
E-mail: narasc@samba.ocn.ne.jp
URL http://shinko-center.org
〒630-8114 奈良市芝辻町2-11-16 圭真ビル102
[PR]

# by issai-kokkara | 2013-03-06 14:48 | 奈良  

主管課長会議資料

平成25年2月25日実施:主管課長会議資料

厚生労働省HPより
[PR]

# by issai-kokkara | 2013-02-27 00:08 | 厚生労働省  

全国ニュース

岐阜県庁に障害者働く場 新年度設置検討、民間就職の足掛かり
2013年02月05日11:09


県は新年度、知的、精神障害のある人向けに「障がい者就労支援オフィス」の設置を検討している。県の雇員として県庁内に「働く場」を提供し、民間企業などに就職するためのステップアップに役立ててもらう。東海3県の自治体では初の試み。

 県人事課によると、岐阜障害者職業センターなどと連携し、障害者手帳を持つ3人程度を、同課に設置する「オフィス」に配属。文書の集配やコピー、簡易なパソコン入力などの業務をこなし、スキル向上を図る。期間は3年を限度とし、その間に民間などへの就職を目指す。

 これまで県教育委員会や県の出先機関などで障害者が短期間、業務を体験することはあったが、継続的雇用は初めて。担当者は、採用するのは民間企業に就職するには何らかの課題がある人とし、「課題改善はもちろんだが単なる職業訓練ではない。公の職場で賃金を得て働く意識が自立就労支援につながるのでは」としている。

岐阜新聞web
[PR]

# by issai-kokkara | 2013-02-08 01:39 | ニュース記事  

イベント情報!!

第2回ほっとはーと南和のつどい
「障がいのある人もない人もともに暮らす地域へ」

■ 開催日  2013年3月16日

■ 会 場  大淀町文化会館あらかしホール

■ 内 容
●義足のランナー 島袋勉 氏 講演会(入場無料)
 テーマ『夢をあきらめない』
 時間:11時~12時20分(10時30分開場)

●映画「人生、ここにあり!」上映会
 時間:13時30分~15時30分(13時開場)
 前売り:一般1、000円 割引500円
 当 日:一般1、200円 割引600円 ※割引対象は障がい当事者、中学生以下、65歳以上

●その他多数イベント

詳しくはこちらから

お問い合わせ 
事務局 NPO法人吉野コスモス会 地域活動センターのどか
    tel&fax0747-53-2215
[PR]

# by issai-kokkara | 2013-02-05 13:44 | イベント  

研修会のお知らせ

□ 全国障害者問題研究会 奈良支部 冬の実践報告交流会

・日 時  2013年2月24日(日) 13:00~17:30
・会 場  奈良教育大学附属特別支援学級
       (近鉄奈良駅、JR奈良駅より市内循環バス「高畑町」下車)
・参加費  一般1、000円  会員500円
・日 程  12:30 受付開始
       13:00 講演
       14:45 休憩
       15:00 分科会~実践報告交流会~
       17:30 終了
・内 容  講演「指導で悩んだとき立ち返りたい発達の視点」
       講師 木下孝司 氏(神戸大学)

          神戸大学大学院人間発達環境学研究科教授。発達心理学専門。
          主な著書『子どもの発達に共感するとき‐保育・障害児教育に学ぶ』
                『障害児心理学』(ともに全障研出版部)
[PR]

# by issai-kokkara | 2013-02-05 10:49 | 研修会  

第5回グッズデザインコンクール 入賞&入選者 発表!

きょうされん第5回グッズデザインコンクールの入賞&入選者が発表されました。

選考委員長 古澤潤 さん をはじめ、倉田るみ さん、いなおけんじ さん、ルイミエコ さん、林民子 さん、吉田マリモ さんの6人の選考委員の元、全国の 221事業所 から 1,634点 の応募作品の中から、入賞として41点 入選として70点の作品がえらばれました。

a0119793_20543764.jpg


  入賞者・入選者はこちら

  こッからからは、小山さんと中村さんが入選しました。
  おめでとう!!
[PR]

# by issai-kokkara | 2013-02-03 20:57 | 障害者団体  

障害者優先調達推進法が公布されました

障害者優先調達推進法が公布されました
厚生労働省HPより

国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律について 

 標記法律については、平成24年4月18日に衆議院厚生労働委員長から提出され、同月26日に衆議院にて可決、同年6月20日に参議院にて可決・成立し、同月27日に公布されました。
 本法律では、平成25年4月1日から、国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関し、障害者就労施設等の受注の機会を確保するために必要な事項等を定めることにより、障害者就労施設等が供給する物品等に対する需要の増進を図ります。

詳しくはこちらから
[PR]

# by issai-kokkara | 2013-02-01 15:07 | 厚生労働省  

新年のメッセージ!!

立積住備の森安さんから、今年も熱いメッセージが届きました。



「こぶしの会のみなさまへ。」

明けましておめでとうございます。
すべての人が幸せであることを祈念しております。

ここ2年。
支援学校のみんなから学んできたことを、シンプルな形で実行してきました。

製造現場ではもちろん、私の部下の総務・経理事務職でも試してきました。

総務・経理では、学歴・資格・経験不問、障害者で素人希望。
と求人条件を出し、その人たちと仕事をしてきました。

人ありきで考えれば、どんな仕事もできるようになる。
それを実証したかったからです。

続きはこちらから
[PR]

# by issai-kokkara | 2013-01-24 15:38 | その他  

イベント情報!!

奈良県立図書情報館HPより

シゴトとヒトの間にあるものを考える3日間 「シゴトヒト3daysⅡ」
平成25年2月8日(金)~10日(日)

詳細はこちらから
[PR]

# by issai-kokkara | 2013-01-16 22:51 | イベント  

奈良市障害福祉情報

奈良市障がい福祉課HPより

「(仮称)奈良市指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営の基準等に
関する条例(案)」他5条例(案)制定についての意見の募集について
 

 平成23年5月2日に公布された「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律(第一次一括法 平成23年法律第37号)」により、「障害者自立支援法(平成17年法律第123号)」が改正され、これまで国が省令にて定めていた指定障害福祉サービスの事業や障害者支援施設等に関する基準について、奈良市の条例(6件)で制定することになりました。
 この度、「(仮称)奈良市指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営の基準等に関する条例(案)」他5条例(案)の概要のとおり方針・考え方等がまとまりましたので、市民の皆様からのご意見を募集します。
 つきましては、下記募集要領によりご意見をお寄せ下さい。

【募集要領】
◇ご意見の募集期間
平成24年12月28日(金)~平成25年1月21日(月)

◇公表資料の閲覧
[日時] 募集期間中の土・日・祝日を除く午前8時30分~午後5時15分
[場所] 障がい福祉課(市役所 中央棟1階)、文書法制課(市役所 北棟5階)
     西部出張所、東部出張所、北部出張所、月ヶ瀬行政センター、都祁行政センター

各案件はこちらから
http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1356404479456/index.html

概要版はこちら
http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1356404479456/files/gaiyou.pdf
[PR]

# by issai-kokkara | 2013-01-16 08:50 | 奈良  

障害者政策委員会(第5回)議事次第

障害者政策委員会(第5回)議事次第
平成24年12月17日(月)
13:00~17:00
中央合同庁舎4号館220会議室

1.開会
2.新たな障害者基本計画に関する意見について
3.その他
4.閉会

内閣府 共生社会政策統括官 障害者施策より

資料1 新「障害者基本計画」に関する障害者政策委員会の意見(案)
資料2 新「障害者基本計画」に関する障害者政策委員会の意見(案)(修正箇所表示版)
参考資料1 障害者基本法、障害者政策委員会令及び障害者政策委員会運営規則
参考資料2 障害者基本計画
[PR]

# by issai-kokkara | 2012-12-19 18:58 | 厚生労働省  

知的障害者への清掃業務管理マニュアルの公表について

 東京都財務局は6月15日、ホームページ上で「知的障害者への清掃業務管理マニュアル」を公表しました。同マニュアルは、平成22年4月から24年3月までの2年にわたり、都庁舎の清掃業務に知的障がい者が従事した経験に基づいて作成したものです。


●知的障害者への清掃業務管理マニュアルの公表について

 平成22年4月から平成24年3月までの2ヶ年にわたり、都庁舎の清掃業務に知的障害者が従事した経験に基づき、「知的障害者への清掃業務管理マニュアル」を作成いたしましたので、お知らせします。

「知的障害者への清掃業務管理マニュアル」

お問い合わせ先
財務局建築保全部庁舎管理課  電話03-5388-2772
[PR]

# by issai-kokkara | 2012-12-18 09:54 | その他  

奈良県と企業との連携

県と企業との連携(スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社様)
奈良県障害福祉課HPより

スターバックスコーヒージャパン株式会社様では、
県内に展開する店舗において障害者雇用、実習の
受入を進めていただいています。

このたび新たな取り組みとして、県立奈良西養護学校において
月に1回、ゲストティーチャーとして奈良学園前駅店スタッフを
お招きして、授業を行っています。

詳細はこちらから
[PR]

# by issai-kokkara | 2012-12-14 11:08 | 奈良  

奈良市役所に福祉カフェオープン!!

市役所でひと息いかが 福祉カフェがオープン

奈良新聞 12月7日(金)11時46分

a0119793_1464654.jpg 奈良市役所の中央棟1階に5日、福祉カフェ「カフェ鹿都(ろくと)」がオープンした。運営は県社会就労事業振興センターに加盟する奈良市内13の事業所が参加。軽食や喫茶コーナーを備え、市役所内の新しい“くつろぎの空間”となりそうだ。
 同振興センターは平成21年度から週1回、市役所地階で、市内の障害福祉サービス事業所で作られた授産品などを販売しており、授産品の販売拡大などにつながればと、市が元の授乳室を改装、店舗スペースに提供した。
 営業は土日曜、祝日、年末年始を除く午前9時30分から午後5時30分まで。当面は月50万円程度の売上を目指すという。
 同振興センターの中山恵子事務局長は「授産品などの販売施設は増えているが、市役所内に専門のカフェコーナーとして開店するのは奈良市が初めて。こういう形態がさらに他の役所など公共施設で広がれば」と話している。
[PR]

# by issai-kokkara | 2012-12-08 14:15 | 奈良  

全国ニュース!!

障害乗り越え無事故10年 沼津・山本さん、顧客からも信頼
静岡新聞(2012/12/ 7 08:30)

 知的障害がありながらも運転免許を取得し、トラック運転手になった沼津市植田の山本俊幸さん(36)が10年間、無事故で運送業務を続けている。夢に抱き、苦労の末に就いた職業。取引先からも「丁寧な仕事をしてくれる」と厚い信頼が寄せられている。
 3段重ねの段ボール箱が、トラックの荷台に吸い込まれるように載せられていく。沼津市原の物流会社イーリード。山本さんは、慣れた手つきでフォークリフトを操った。
 地元中学の特別支援学級を卒業し、1989年に入社した。山本さんを採用した植松弘義さん(67)によると、当初は運送とは直接関係ない仕事をしていたが、入社4年目にトラックからの荷下ろし作業を任せると、生き生きとした表情を見せるようになった。
 トラック運転手への憧れ。中学生のころ抱いた気持ちが、荷下ろし作業でよみがえった。「運転免許を取りたい」。山本さんは植松さんに打ち明けた。
 周囲の反対を押し切って教習所に通ったものの、仮免許は8回、卒業試験は2回、学科試験は5回落ちた。2002年10月、念願の普通免許を取得した。最初の挑戦から2年。04年には大型免許の試験に1回でパスした。
 「最初は心配だったが、今は模範ドライバー」(植松さん)。県東部を中心に、ほぼ毎日トラックを走らせる。関東圏まで出張することも多い。
 沼津市足高の土井製菓総務部の本多まさ子さん(41)は「荷崩れしないよう工夫している。分からないことがあれば素直に聞いてくれる」と取引先の従業員として信頼を置く。山本さんは「安全運転を心掛けてコツコツ頑張る」と控えめに話す。
[PR]

# by issai-kokkara | 2012-12-08 10:57 | ニュース記事  

イベント情報!!

2013モバックショウ
 第23回国際製パン製菓関連産業展


"パンとお菓子の未来地図"

2013モバックショウは、今回で第23回目の開催を迎え、
平成25年3月6日(水)から3月9日(土)までの4日間、
インテックス大阪に開催されます。

今回は、新たに35社の新規出品社を加え、
232社もの出品者による工夫に満ちた新製品展示や
新製品開発につながる提案を行う予定。

話題の多彩なイベント行事やセミナー企画もさらに充実。
ビジネスヒントが満載のモバックショウ。

◇モバックショウ公式サイト
 http://www.mobacshow.com/
[PR]

# by issai-kokkara | 2012-12-02 19:08 | イベント  

全国ニュース

障害者働く喫茶、準備進む 開館予定の「やすらの里」内

a0119793_22143587.jpg京都府与謝野町加悦に来年3月オープン予定の複合福祉施設「やすらの里」内に、障害者が働く喫茶が設けられる。町内産の野菜をふんだんに使うランチを目玉メニューにする予定で、社会福祉法人・よさのうみ福祉会が準備を進めている。

 やすらの里は、丹後織物工業組合加工場の跡地(7600平方メートル)を町が買い上げ、同福祉会を含む4法人が施設を建設。特別養護老人ホームや訪問看護ステーションなどを運営する。

 この施設内で弁当や給食の調理を担当する同福祉会が、障害者の雇用を確保するとともに、地域住民との交流の場にしようと喫茶の開店を企画した。思いが花開く場に、と「花音(かのん)」と名付けた。

 木を使った柔らかい雰囲気の内装で、屋根付きテラスもあり計36席を備える。知的、精神、身体の障害者5人が、スタッフとして働く。季節の野菜を使う日替わりランチやコーヒーを出し、玄関口には手作り総菜の販売コーナーも設ける。

 喫茶のいすや机の購入に充てる86万円の助成を、みずほ福祉助成財団(東京都千代田区)からこのほど受けた。利用者代表の吉岡恭(やす)子さん(47)は「私も、新しい喫茶で働きたい。たくさんの人が来られる場にしたい。住民の方に応援していただきたい」と話していた。

京都新聞 【 2012年11月29日 10時51分 】
[PR]

# by issai-kokkara | 2012-11-30 22:20 | ニュース記事  

ニュース記事

障害者集会:就労条件の改善を 権利向上訴え行進【毎日新聞 奈良】 2012.11.01

 障害者の就労問題などを考える集会が31日、奈良市の県教育会館で開かれた。身体障害者ら約50人が参加。障害者が働ける場が少なく、就職しても給与が安い実態などを報告した後、同市内で障害者関連予算を先進国の平均レベルまで拡充することを求めた街頭署名やデモ行進を行った。

 集会では最後に「特別なことは要りません。当たり前の暮らしがしたいのです」とのアピール文を読み上げた。そして、デモ行進では「障害があっても働きたい」「障害者の権利を向上させよう」とシュプレヒコールを行い、通行人らに障害者が抱える問題を強く訴えた。

 参加者の一人、奈良市の小山冨士夫さん(56)は、「給料は上がらないし、差別もたくさんある。苦しんでいる障害者を助けてほしいです」と話した。           【芝村侑美】

--------------------------------------------------------------------------------
[PR]

# by issai-kokkara | 2012-11-04 22:49 | ニュース記事  

「スイーツ甲子園」!!

11府県の障害者 スイーツ甲子園 兵庫
2012年10月24日 朝日新聞
a0119793_21354186.jpg 
a0119793_21361049.jpga0119793_21365086.jpg障害者施設で作るお菓子の味を競う「スイーツ甲子園」が11月3日、神戸市中央区元町通6丁目の元町商店街で開かれる。4回目となる今年は東日本大震災の被災地を含む11府県から15施設が参加。あられやラスク、クッキーなど和洋のスイーツを無料で味わえる。
 「スイーツの街・神戸のプロも認める商品ということを知ってもらおう」と、県が障害者の就労を支援するNPO法人・兵庫セルプセンターと一緒に始めた。菓子のプロが選考委員を務める「甲子園」で受賞することで障害者施設の販路開拓に役立ててもらうことを狙っている。 参加団体数を増やすことでレベルアップを図ろうと今年3月に開いた3回目からは県外の団体も参加。今回は前回より5施設多い15施設が参加する。内訳は、県内2施設のほか、滋賀、京都、大阪、和歌山、鳥取、徳島、奈良の各府県から1、2施設が参加。宮城、岩手、福島の3県からも1施設ずつが参加する。
 出品されるのは、「かぼちゃクッキー」(滋賀県)や「和三盆コロン」(徳島県)、米粉を使ったバターケーキ「清流そだち」(鳥取県)など、スイーツといってもジャンルは様々。いずれも府県の予選を勝ち抜いた強豪ぞろいだ。
 3日午前11時から午後5時まで、商店街の西側入り口に設けた特設会場では、一般の人が15施設の作品を無料で試食した後に投票できる。各作品とも最低200食は用意するが、無くなり次第試食は終了する。ホテルの元パティシエらの専門家による審査は4日にあり、一般投票とあわせた得点でグランプリと準グランプリを決める。
 甲子園に先立ち、障害者施設の作る菓子や弁当を知ってもらうためのグルメフェアも10月24日午前11時半から午後1時半まで県庁1号館前で開かれる。県内の8施設から菓子、弁当、カレーなどが有料で出品される。
[PR]

# by issai-kokkara | 2012-10-25 21:45 | ニュース記事  

マイタウン奈良で福祉施設のショップ特集!!


a0119793_8594315.jpg


     『マイタウン奈良』577号で福祉施設ショップが取り上げられました。

     奈良市、生駒市にある福祉ショップやカフェの特集で

     こッからのカフェ&ベーカリーも紹介されています。

     カフェ&ベーカリーこっから
     こッからパン     
[PR]

# by issai-kokkara | 2012-10-25 09:16 | ニュース記事  

障害福祉サービス等の基準条例に関する意見募集

■「奈良県指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営の基準等に関する条例等の制定について」に対する意見募集について 
                                       奈良県障害福祉課HPより

「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律(平成23年法律第37号)」が平成23年5月2日に公布され、当該法律により障害者自立支援法及び児童福祉法が改正されたことにより、指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営に関する基準等について、都道府県が条例で規定することとなりました。 このたび条例を制定するにあたり、「奈良県指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営の基準等に関する条例等の制定について」を公表し、広く県民の皆さまからご意見を募集します

詳細はこちらから

募集期間
平成24年10月11日(木)~ 10月31日(水)必着


※締め切りが近づいています。
[PR]

# by issai-kokkara | 2012-10-22 09:34 | 県市行政  

「みんなのスポーツフェスティバルin奈良」

■「みんなのスポーツフェスティバルin奈良」を開催します。
   奈良県障害福祉課HPより

県では、「障害のある人とない人のつながり」をテーマに「障害者スポーツ・アート創出事業」を実施しています。
 スポーツについては、障害のある人とない人が共に軽スポーツを楽しむことにより、参加者相互の交流を深めることを目的に、「みんなのスポーツフェスティバルin奈良」を開催いたします。
 どなたでも参加いただけますので、多数のご参加をお待ちしています。(グループでの参加も可能です)

詳細については、こちらをご覧ください。
[PR]

# by issai-kokkara | 2012-10-03 09:14 | イベント  

ハローワークしょうがいしゃ就職面接会(北和会場)

奈良市障がい福祉課HPより

■「ハローワークしょうがいしゃ就職面接会(北和会場)」のご案内

就職を希望する障がいのある方を対象とした、就職面接会「ハローワークしょうがいしゃ就職面接会」が開催されます。奈良市内で開催される、ハローワークしょうがいしゃ就職面接会(北和会場)については次のとおりです。


【とき】
平成24年11月14日(水)午後1時~午後3時半

【ところ】
なら100年会館 大ホール(三条宮前町7番1号)

【対象】
就職を希望する障がいのある方

【面接会参加希望の方は、次のものをお持ちください。】
・障害者手帳または、療育手帳または、精神保健福祉手帳
・履歴書(3通程度)
・筆記用具
・参加申込書(参加申込書については、事前にハローワーク奈良へお問い合わせください。)

【問い合わせ】
奈良公共職業安定所 専門相談第2部門(ハローワーク奈良)
TEL:0742-36-1601(43#)
[PR]

# by issai-kokkara | 2012-09-30 15:23 | 県市行政  

流行に乗ってみる!!

                 マスコミ他で

                 話題沸騰中の
         
                 漫画カメラで

                 スタッフの

                 日常を

                 切り撮ってみました

a0119793_17161857.jpg




a0119793_17165878.jpg




a0119793_17172348.jpg

[PR]

# by issai-kokkara | 2012-09-28 17:26  

障害者虐待防止法~奈良県版~

奈良県障害福祉課HPより
障害者虐待防止法が施行されます
~“障害者虐待”に関する通報・相談窓口を開設~


10月1日、障害のある人の権利利益の擁護を目的とした 「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律(障害者虐待防止法)」が施行されます。

この法律では、障害のある人に対する虐待の禁止、その予防と早期発見、通報義務、虐待を受けた障害のある人の保護や支援等について定められています。

この法律の施行に伴い、県では、障害者虐待に関する通報・相談窓口として「奈良県障害者権利擁護センター」を、10月1日より開設します。
また、各市町村には「市町村障害者虐待防止センター」として通報・相談窓口が開設されます。

それぞれ関係機関との連携をはかり、対策チームとして迅速に事案に応じた対応を検討・実施することにより、障害のある人の虐待防止と権利擁護をはかります。

(1) 報道資料 

(2) 市町村の障害者虐待に関する連絡先一覧

(3) 「障害のある人を虐待から守るために」 (リーフレット)

(4) 障害者虐待防止法概要     

(5) 奈良県障害者権利擁護センター概要 

(6) フロー図 

    1.使用者による虐待

    2.養護者による虐待

    3.施設従事者による虐待
[PR]

# by issai-kokkara | 2012-09-26 20:15 | 県市行政  

全国ニュース/岩手、宮城、福島3県 障害者1655人犠牲

岩手、宮城、福島3県 障害者1655人犠牲a0119793_23184120.jpg

 岩手、宮城、福島3県で障害者手帳所持者1655人が東日本大震災の犠牲となったことが、各県の調査などで分かった。障害者手帳の所持者全体に占める死亡率は1.5%で、全住民の死亡率(0.8%)の2倍近くに及んだ。災害時に障害者を社会でどう支えるのか、重い課題が浮き彫りになった。(門田一徳、西村悠里)

◎手帳所持者死亡率1.5%、全住民の2倍

<宮城最多1103人>
 3県の7日までの調査を基に集計した。障害者手帳所持者が犠牲になったのは沿岸37市町村のうち31市町村=表=。死亡率は家屋倒壊や津波など震災が直接要因となった人数から算出。福島県の全住民の死亡率は、直接死と震災関連死を合わせた人数を基にした。
 県別の手帳所持者の犠牲者数は、宮城が1103人と突出し、岩手は436人、福島は116人。死亡率は岩手が3.3%(全住民死亡率2.2%)で、宮城1.6%(同0.6%)、福島0.4%(同0.5%)だった。
 被害の大きかった宮城を障害別にみると、肢体不自由519人、聴覚障害75人、視覚障害69人など身体障害が県全体の約9割を占めた。知的障害は62人、精神障害は65人だった。
 市町村別で、犠牲者が最も多かったのは石巻市の397人。次いで気仙沼市の137人、宮城県南三陸町125人、陸前高田市123人の順だった。
 死亡率が10%を超えたのは15.6%の宮城県女川町と12.6%の南三陸町の2町。全住民の死亡率と比較すると女川町(5.7%)は2.7倍、南三陸町(3.4%)は3.7倍に達した。
 女川町は「犠牲者の多くは在宅の障害者」と推測する。南三陸町は「津波被害に遭った特別養護老人ホームで多くの高齢者が亡くなり、障害者の死亡率を押し上げた」と説明する。
 被災自治体では、集団移転などによる新たな居住地が見通せず、「避難対策を具体的に検討できる段階でない」(南三陸町)という。

<自主的に対策>
 重度の障害者を在宅介護する家族や医師の中には、自主的に防災対策を検討する動きも出ている。仙台市泉区で7日にあった「障がいのある子どもたちの防災勉強会」には、在宅介護する家族や医療、福祉関係者ら約60人が参加した。
 勉強会を呼び掛けた宮城県拓桃医療療育センター(仙台市太白区)の田中総一郎医師は、地域の避難訓練を障害者や高齢者を交え日常的に実施していた石巻市牡鹿地区で、要援護者の犠牲が少なかったことを報告した。
 その上で「地域の避難訓練に加わることで、どこにどのような障害のある人がいるのか地域に認知される。勇気が要ることかもしれないが、ぜひ参加してほしい」と呼び掛けた。


河北新報社
2012年09月24日月曜日
[PR]

# by issai-kokkara | 2012-09-25 23:24 | ニュース記事  

「障害者虐待防止法」

■ 障害者を虐待から守り、養護者に必要な支援を行うために
  平成24年10月1日から「障害者虐待防止法」が始まります

                           ~政府広報より~

 私たちの周りでは、障害者の尊厳を傷つける様々な虐待が発生しています。障害者に対する虐待は、障害者を養護する家族や障害者福祉施設の職員、勤め先の経営者などから、暴力による身体的な虐待や経済的な虐待など、様々なケースがあります。こうした障害者に対する虐待を防ぐため、「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」(障害者虐待防止法)が制定されました。平成24年10月1日から、この法律に基づき、新しく全国の市町村や都道府県に、障害者に対する虐待の防止や対応の窓口となる市町村障害者虐待防止センターや都道府県障害者権利擁護センターが設置されます。虐待を受けていると思われる障害者を発見した人は、お住まいの市町村障害者虐待防止センターなどに、すぐに知らせてください。

政府広報オンライン
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201209/1.html
[PR]

# by issai-kokkara | 2012-09-25 07:42 | 厚生労働省